中古ガス容器

サンロイヤル株式会社では、中古ガス容器の資源の再利用・有効利用、溶接棒・高圧ガスバルブの新品輸出販売を行っています。

サンロイヤル株式会社

よくあるご質問

FAQ

Q1. 御社がガス機器の輸出に対して注意している点を教えて下さい。
弊社は高圧ガス機器の輸出に関してコンプライアンスの遵守を第一に考えております。具体的には高圧ガス保安法の遵守に始まり、指定倉庫(横浜・神戸・徳山など)を継続的に持つことにより容器の保安管理体制を万全に行っております。また中古ガス機器の輸出に関しては古物商の免許を受けて営業活動を行っております。輸出先も海外のガス会社のみに限定し、高圧ガスの専門家に輸出することにより出きる限り安全に商品を輸出することに努めております。
Q2. 中古ガス機器の輸出先を教えて下さい。
日本製の中古シームレス容器・中古アセチレン容器および中古ガス機器は主に東南アジア地域および中近東地域に輸出しております。国名では台湾・フィリピン・シンガポール・タイ・インドネシア・UAE・ヨルダンなどが多い状況です。
Q3. 中古ガス機器の輸出の流れを教えて下さい。
不要容器がある旨のご連絡を頂いた場合、弊社スタッフが検品に伺います。その後、弊社がトラック等を手配して容器を搬出し指定倉庫へ搬入致します。弊社は海外のガス会社(主に耐圧試験工場を持っているガス会社)のみに輸出致します。輸出後、輸入国のガス会社に於いて耐圧試験・再メンテ(色の塗り替え・バルブ交換等)を行い再利用されます。ガスの専門家に対して輸出する為とても安心です。国内と海外でのダブルチェックを行う為に安全にガス機器の再利用が行われております。また海外の基準でも使用不可の容器に関しましては弊社で補償致しましております。
Q4. 海外で日本の容器をそのまま再利用しますか?
輸出先のガス会社に於いて耐圧試験を行い、再塗装およびバルブの交換作業が行われます。海外での容器の色は日本国内で使用されている容器の色とは異なる為、再塗装が行われます。また、バルブの規格も日本国内で使用されているJIS規格では無い為に輸出先のバルブの規格のバルブに交換されます。その為、日本国内での容器が社名などが入ったまま使用されることはありません。
Q5. 海外での再利用されたガス容器に対して日本の前所有者の責任はありますか?
日本の前所有者に対して責任が求償されることはありません。対象の法律はPL法(Product Liability)ですが商品の欠陥に対して責任を負う必要があるのはProducerつまり製造者(製造者と輸出入業者)です。また今までに100万本以上の中古ガス容器を輸出しておりますが問題が発生したケースは1度もありません。
Q6. どんな容器を引き取ってもらえますか?
基本的に再利用可能な高圧ガス容器を引き取り致します。その為、耐圧期限が切れている容器や重量容器も引き取り致します。溶接容器はアセチレン容器を中心に引き取り致しております。現在、フロンやプロパン容器の引き取りは行っておりませんが引き取りが可能なケースもございますので何でもお問い合わせ下さい。
Q7. 年間何本ぐらいの中古ガス容器を輸出していますか?
通年、約50,000本の中古ガス容器と約100基前後の中古CEタンク等を輸出しております。中古容器約50,000本の内訳は中古アセチレン容器(約15,000本)・中古シームレス中容器(約15,000本)・中古シームレス小容器(約20,000本)です。中古CEタンクは3,000L(3型)クラスの小型から100,000L(100型)クラスの大型まで様々なタイプのCEタンクを輸出しております。
Q8. 容器輸出の費用の負担は必要ですか?
ガス機器の搬出に伴う運送費はサンロイヤル(株)が負担致します。トラックの手配を引取先の都合の良い日時に行うのがサンロイヤル(株)のスタンスです。また、容器をサンロイヤル(株)指定倉庫まで持ってきて頂いた場合は運送費をお支払致します。
Q9. CEタンク等高圧ガス設備の解体・撤去の費用の負担は必要ですか?
輸出可能なCEタンク等の高圧ガス設備に関しましては解体・玉掛け・撤去・運搬等サンロイヤル(株)の手配で行うことが可能です。ご都合の良い日時にラフタークレーン・トラック・解体作業員等を手配致しますので何でも御相談して下さい。
Q10. サンロイヤルの倉庫に容器を持ち込むことはできますか?
不要ガス容器を弊社指定倉庫に持ち込んで頂くことが出来ます。希望搬入予定日時がございましたらご連絡下さい。弊社より倉庫担当者に連絡致します。
Q11. 引取りの際に必要な作業・書類等はありますか?
高圧ガス容器に関しましてはガス抜きをお願い致します。また、弊社より(1)納品書(2)空証明書を送付いたします。(1)納品書にトラックに積み込んだ本数を記入しトラックの運転手の方に渡して下さい。(2)空証明書に関しては御社名の箇所へ押印して頂きトラックの運転手の方に渡して下さい。
Q12. 国内の転売はしますか?
基本的に、中古ガス機器の国内転売は致しません。
Q13. 容器以外のガス機器は輸出しますか?
容器のみならずCEタンク・タンクローリー・コンプレッサー・空気分離プラント(ASU)・ガス発生器(PSA)等ガス機器であれば何でも引き取り致します。何でも御相談下さい。

ページTOPへ

中古高圧ガス機器の保管にお困りの企業・店舗の方、出張査定をお受けしています。

溶接棒やガス機器に関するお問合せは
お電話でも承っております。

営業時間:9:00~17:30
営業日:月~金(祝祭日を除く)
東京都文京区大塚5-7-12-801

メールでのお問合せはコチラ

onatsu

サンロイヤル株式会社 東京都文京区大塚5-7-12-801

TEL:(03)-3942-8611

FAX:(03)-3943-9993

Copyright(c) 2009-2010 SUNROYAL Ltd. All Rights Reserved.

吉野 靖 東京都公安委員会 第305460507863号